トータルスイスのビジネスを成功させるための参考図書に『金持ち父さん 貧乏父さん』

トータルスイス

トータルスイスのようなネットワークビジネスでバイブル的に扱われている書籍があります。 ロバート・キヨサキの著書『金持ち父さん 貧乏父さん』を読まれたことはありますか?

すごいベストセラーでしたので、私も読みましたが、あまりピンときていませんでした。

しかし、ネットワークビジネスに関わるようになり、あの本が何を言いたかったのかがわかるようになりました。 かいつまんで、『金持ち父さん 貧乏父さん』にどんなことを書いてあるのかをお伝えしますね!

金持ち父さんからの質問!家は資産と言えますか?

金持ち父さんは言います。あなたの持っているものはお金を生み出してますか? たとえば一軒 家を持っていたとします。

多くの人は、それは資産だと思っているでしょう。

あるいは車を持っていたとする。これも通常は資産と考えられていますね。

でも、そうではない。それは負債なんです。

あなたのその「家」はお金を生み出さない。 むしろ、税金はかかる、メンテナンスは必要、もちろんローンもあるでしょう。 「家」を持つことは、それは実は資産ではなく、負債なんです。

その負債を維持するために、安定的な収入を得る必要がある。 そして、多くの人は毎日仕事へ出かけ、労働収入を得ています。

でもどうでしょう?もし怪我でもして仕事ができなくなったら?

資産だと思っていた「家」はたちまち重荷になってしまいますよね。 心も体も健康な生活を送ろうと思ったら、発想の転換をして、経済的自由を得る必要があります。

世の中のお金持ちは、お金を生み出す資産を増やし、その資産がまた新たな資産を生み出す。 こういった循環をコツコツと作り上げているのです。

金持ち父さんが言うキャッシュフロークワドラントとは?

キャッシュフローとはお金の流れのことをいいます。 そしてロバート・キヨサキはこのキャッシュフローを4つに分類して表しました。

E

従業員

B

ビジネスオーナー

S

自営業

I

投資家

日本の大人のほとんどは、表の中の左側の働き方をしています。 トータルスイスのようなネットワークビジネスをしている人たちの多くは、Bの「ビジネスオーナー」を目指し、そして資金をためて I 「投資家」へ、という動きをしています。 また、左側は労働収入、右側は権利収入と言い換えられます。 どの働き方がいい、悪い、とは言えませんが、 右側を構築していった方が安心安全かつ時間に縛られない生活が送れるでしょう。

人脈がないと悩んでいた人たちがやってる!惹き寄せ集客はコチラ

トータルスイスの権利収入と労働収入を動画で学ぶ – パブロとブルーノの物語

この動画を初めて見たのは、資産形成のセミナーに出席したときです。 パブロとブルーノの物語といいます。 短い動画なので、最後まで見てみてくださいね。

あなたの働き方は、パブロと同じですか?

それともブルーノのように仕組みを組み立てていますか?

トータルスイスの勧誘で、この動画を見たという人も多いようです。

労働収入と、権利収入の考え方がとてもわかりやすいと思います。 たしかに、仕組みが出来上がるまでは結構大変なんです。

簡単にできます、なんてことを言う人は「嘘つき」あるいは「詐欺師」だと思った方がよいと思いますよ。

簡単にやっているように見える人でも、実は大量の行動をしているものです。 その行動を着実に進めていけた人が、トータルスイスの中でも 大きな組織を築き上げていると考えられます。

まとめとして

『金持ち父さん 貧乏父さん』をぜひ手にとって読んでみてください。普段のお買い物や支出が自分にどのように跳ね返ってくるかを意識できるようになると思います。 なんとなく誘われて始めたトータルスイスのビジネスも、ちゃんと意思を 持って、右側のクワドラントを目指しているんだ!という自覚が 芽生え、行動を継続できますよ。

もう友達は勧誘したくないあなたへ

ネットワークビジネスで安定収入を手に入れる!と思ったものの、勧誘しては怪訝な顔をされたり、怪しまれたり... つらい思いをしていませんか?

あるいは人脈がそんなにない、交流会で広げようと思っても時間とお金が続かない...
だったらネットで集客するという方法があります。

セミナーに 友達を連れて来い!と言われることなく、勧誘できる方法!下の画像をタップ!

ネットワークビジネスをネット集客で

勧誘できなくて悶々とする日々に終止符を!(ここをタップ!)

コメント

error: Content is protected !!